加川良が死んだ

フォーク歌手・加川良さん死去 急性白血病で昨年12月から入院

「教訓1」などで知られ、日本フォーク界の先駆け的存在だったフォーク歌手・加川良=本名・小斎喜弘=さんが5日午前9時39分、都内の病院で亡くなった。69歳。滋賀県出身。長男でミュージシャンのgnkosai=本名・小斎元希=がフェイスブックで伝えた。所属事務所によると、急性白血病のため昨年12月から入院していた。妻・富士子さんに見守られての最期だったという。

加川良と言う歌手は名前と教訓Ⅰと言う歌を知っているだけです。

勿論ファンではありませんが、教訓Ⅰと言う歌を聞いた時の大きな衝撃は今でも覚えています。
いわゆる関西フォークと言われたメッセージソングがベトナム戦争を背景に大きな力を持っていたあの頃。
果たして今とあの頃はどちらが幸せな時代だったのだろうか?


[PR]
by niraikanai4 | 2017-04-05 17:55