平成海援隊航海記です


by niraikanai4

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

MOTTAINAI

アフリカの女性としてはじめてノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんは
30年近くに渡って数千万本の木を植え続けた人。
彼女が日本に来日し、ふとしたきっかけから彼女は「勿体ない」と言う概念を知りひどく感動をしたと言います。

もったいな・い
1 (有用な人間や物事が)粗末に扱われて惜しい。有効に生かされず残念だ。
2 (神聖なものが)おかされて恐れ多い。忌むべきだ。(大辞林)

マータイさんはこの日本語の概念に強く共感しこの日本語を「世界共通語」にしようとはじめた運動が
【MOTTAINAI】キャンペーン。

平成海援隊サイトを開設して早4年。
私たち日本人はこの4年間だけでも、いくつものMOTTAINAIを見過ごし失ってきたのではないでしょうか?。
勿体ないと言う感性の喪失は、おそらく、ものや人に対する感謝の念の喪失なのかもしれません。

平成海援隊がBBSを通じて考えてきたものは、自由と平和。
そしてこれは絶対に無くしてはならないものだと私は考えています。

冒頭で、ワンガリ・マータイさんは30年近くに渡って数千万本の木を植え続けたとご紹介しました。
それに比べればこの4年のタタカイはまだまだ゛ひょっこ゛のようなものです。

これからも私達の思考は続いてゆくでしょう。
だって、多くの犠牲の上に私たちが手にした自由と平和を手放すなんて【MOTTAINAI】

このタタカイに参加をされ、BBSにお書込みをいただいています方々とROMをしてくださる方々に心からの感謝を。

管理人 拝
[PR]
by niraikanai4 | 2005-09-09 00:04
四国高知県長岡郡本山町早明浦ダムと言うダムがあることは皆さんご存知だと思います。
二ュースなどで渇水の象徴的映像として、かつての町並みが浮かび上がる様はそこに住んでいた人はその映像をどのような気持ちで見るのだろうと言う感想を私などは持ちます。

その早明浦ダムがこの夏は少雨で貯水率ゼロパーセント。
農業用水や工業用水で生活用水を凌いでいた人々ですが、今回の台風14号の襲来により貯水率は100パーセントに戻り、人々は水の心配をしなくても良い生活に戻る事ができたそうです。
早明浦ダムに現れた水底の町は数日の雨によりまたダムの底深くに沈む事になりました。

一方九州の宮崎県では数日にして首都東京の年間降雨量に匹敵する1000ミリを超える降雨があり、人々が日々暮らす町や村は数時間で河川の氾濫等により水底に沈んだのです。
アメリカを襲いジャズ発祥の地ニューオリンズを水底に沈めた巨大タイフーンの件もそうですが、自然が私たちに警告を発しているのだと言う説は以前から良く耳にします。

アメリカ国民はジャズ発祥の地ニューオリンズを水底に沈めた巨大タイフーンの被害とブッシュ政権が京都議定書に反対している事の関連性を想像できるでしょうか?
もっとも非生産的で最大の自然破壊がアフガニスタンそしてイラクで行われている戦争だと言う事に気付いているでしょうか?
自然災害の前に私たちはただただ無力でありますが、その発生を抑止するすべがあるのではないかということに多くの人々が気付いたときに、新しい価値観が生まれるのではないかと感じているところです。
[PR]
by niraikanai4 | 2005-09-07 01:17